特集記事

※当サイトは出会い・大人関連の情報を取り扱っています。18歳未満の方はただちにこちらからご退出下さい。

可愛い子とデートしてご飯を食べに行って、そのままお持ち帰りして一夜を過ごす・・・。そんな夢のような生活ができるのはイケメンだけだと思っていませんか?ならばなぜ、ブサイク男が美女と付き合ってるんでしょうか、セフレをたくさん持っているのでしょうか。

そう、エッチができる女をつかまえるには顔なんて関係ありません。顔に自信がなくても、コミュ障でも、既婚者でも。ちょっとコツを知って頑張ってみればすぐそこに楽園が待っている。今日からモテる男を羨ましがるだけの生活とはおさらばしましょう!

王道!エッチ成功率NO.1 PCMAXでさがす
女子からの人気度NO.1サイト デジカフェでさがす
老舗サイトで安心・確実な出会い ミントC!Jメールでさがす

女性は誰かと交流するためにスマホをいじる!

今の時代だと女性だけじゃなく男もそうかもしれませんが、スマホをいじる時間のほとんどをSNSや友達とのやりとりにあてているって人は多い気がします。

SNSって他の人の行動が良くも悪くも見えちゃいますよね。例えば幸せ自慢とかデートのこととか。ケッ!って思うけど、同時に羨ましくもあります。だから、彼氏や旦那がいるような女性はともかく、いない女性は常に「一人の寂しさ」にさらされてるんです。

彼氏もちがSNSで暇つぶしをしているとき、独り身の女性の多くは出会いや恋愛について悩んだり考えたりして、ついスマホで出会いの探し方を検索してしまう・・・。

だから、SNS全盛期と言われる現在でも、昔から利用されてきた出会い系サイトは潰れないし会員数がガンガン増えているんですね。

同じようにスマホをいじっている女性がいても、みんながリア充なわけじゃない。さすがに外で出会い系サイトを開く女性はいないかもしれませんが、人知れず常に出会いを求めている女性はたくさんいるってことです。 記事の続きをよむ⇒

同じ立場だと予定変更も理解してもらいやすい

彼女がいるけど遊びたい、既婚者だけどエッチしたい!愛する人がいたとしても、それは別にして少しハメを外したいときもありますよね。

でも遊びたいと思ったその夜に、じゃあといって遊ぶことができないのが彼女持ちや既婚男のちょっぴり悲しい現状。

だから事前に、彼女や奥さんに予定があるときや仕事が早めに終わりそうな日を狙って出会い系などで約束を取り付けておくわけですが、この限られた自由時間の中ですから急に時間をずらしたりその日自体がダメになったりすることが当然あります。

ここで相手が独身女性だと、理解はしてくれようとしますが、やはりフリーである側は自由時間がたっぷりあるため時間が空くことに不満を感じてしまいます。出会い系自体どうしても女性のほうが強い場所のため、フリーの女子は不満を覚えるとすぐに次の相手に移ってしまいます。

一方、相手も彼氏持ちや人妻などこちらと同じ立場の場合、お互い様という感じでスッと理解してもらえます。逆に女性のほう旦那や子どもに予定を合わせないといけないシーンが多いので、お互いに引け目なく都合がいいときに遊ぶことができるのです。 記事の続きをよむ⇒

大学・社会人デビューした女子校出身生

yaridebut

男にもありますが、女性は学校を卒業すると髪を染められるようになったり本格的に化粧が楽しめるようになったりと自由度が上がります。

特に女子校、男子校など思春期に周りに同性しかいない期間を長く味わってきた男女にとって、大学や会社というのは周りに出会いと異性と恋愛が溢れて見えます。

だけど元々そこそこ遊んでいた女子校生は社会に出たところで世間との温度差は少なく、自由になった分歳相応に遊びはするでしょうけど比較的普通の恋愛を重ねていく傾向にあります。

一方で元々真面目~普通くらいだった女子校生は、人一倍恋愛に憧れているし男を欲しています。そんな真面目系女子は、高校では大人しかったけど知らない人たちがいる中で再出発したい!デビューしたい!と思って頑張ることが多く、結果として結構可愛くなります。

そこそこ可愛いと若いというだけで色んな目的の男が言い寄ってきますが、男に言い寄られることに慣れていないのでモテていると喜んでしまい、無知のまま男に言いくるめられてたまたま誘われた男とセックスデビューをする・・・という流れがとても多いです。

そこからセックスの気持ちよさに目覚め、歯止めが利かず誘われたら乗ってしまうというヤリマンに変身するというわけです。 記事の続きをよむ⇒

裏があると分かっていても褒められると嬉しい

homero

近ごろ「太鼓持ち芸人」なる言葉が聞かれるようになり、太鼓持ちをしている張本人がその方法を語ったりしている様子がテレビに流れています。

これは先輩を褒めておだてて持ち上げて気分を良くして可愛がってもらうというテクニックを持ったお笑い芸人のことです。

褒めには社交辞令というものもあって、言われた言葉全てが本当だとは限りませんが、太鼓持ち芸人が自ら太鼓持ちをしていると公言している時点で「意図的に褒めていると分かっていても相手は喜ぶ」ことが分かりますよね。

つまり、ほとんどのシチュエーションでは、大なり小なり程度はあっても褒めておけばまず間違いないということができます。

外見に自信なさそうな(失礼!)女性に対しても「可愛いですよね、僕タイプかも」と適当につぶやけば、表面上ではまたまた~と否定していても「この人だったら私もイケるのかしら?」と確実に喜んで前向きになります。外見に自信がありそうな場合は、そのままストレートに感じたまま褒めればリアルでよし。

可愛いですね~美人さんだな~その服綺麗ですねすごく似合ってます~色気があってドキドキしてきちゃった~辺りの言葉は誰にでも好きなときに使える万能ワードです。ほとんど適当です(笑) 記事の続きをよむ⇒

2回目アリナシは会った瞬間に何となく分かる

nikaime

出会いがナンパでもネットでも、1回目は運やその場のノリで成功できちゃうことが多いんです。

もちろん固い意志を持っている人もいますが、女性は強く誘われたら断れない・・・という性格の人が多いので、よほど嫌われない限りはホテルや自宅に付いて来てくれます。でも肝心なのはその次。2回目も会ってくれるかどうかです。

相性が良いかなんていうのはある程度長く付き合わないと分かりませんが、別にお持ち帰りの相手と恋人になるわけではないので、一瞬の印象が一番重要になってきます。いわゆる「第一印象」というやつですね。

会った瞬間に、あー・・・とちょっと残念そうな表情になったり、あまり緊張していない場合は自分を魅力的な異性として見てくれていない可能性が高いです。反対にやたらペコペコと丁寧に挨拶をしてくる、緊張した表情をしているといった場合は、異性として意識してくれているいい兆候です。

会った瞬間は良かったけど一緒にいるうちにやっぱり・・・と思われる心配もあるかもしれませんが、それも最初のデートを挨拶とお茶程度の短い時間にとどめておけばそんなに印象が変化することもないでしょう。 記事の続きをよむ⇒