浮気・不倫・婚外恋愛の違いって?

王道!エッチ成功率NO.1 PCMAX(18禁)でさがす
女子からの人気度NO.1サイト デジカフェでさがす
老舗サイトで安心・確実な出会い ミントC!Jメールでさがす

同じ既婚者の恋愛、どうして違う?

浮気、不倫、婚外恋愛。プラトニックラブなどもよく既婚者の恋愛で使われますが、単に呼び方が違うだけでは?と思っている人も多いでしょう。

確かにしていることはどれもほぼ一緒ですが、なぜこんなに呼び方がたくさん分かれているかというと、やはり微妙に使われ方や意味が違うんですよね。この言葉選びによって、ネットの出会いなどでも男女で求めている相手との関係が違ってきたりするので注意が必要です。

一番分かりやすい言葉での違いは「浮気」だと思います。浮気は不倫や婚外恋愛と違って、浮ついた気持ち=一時的な関係という意味合いが強いです。恋愛要素も薄く、どちらかというセフレみたいな感覚ですね。

浮気は既婚者でなくても、付き合っている人じゃない相手と関係を持てばそう呼ばれます。浮気が最も広い表現とも言えるかもしれません。

その他の呼び方は、雑誌などで男女どちら向けかという違いが多いです。男性向けは直接的に不倫、女性向けは婚外恋愛や既婚者のプラトニックラブ、なんて遠まわしに表現されることが多いですね。

浮気・不倫・婚外恋愛の違い

浮気に不倫、婚外恋愛、プラトニックラブなどの意味の違いは、ざっくり言えば本気度の差です。浮気は上でも少し述べたように、一時の気の迷い的な感覚が近いです。あらゆる関係の中で最も気軽な関係を表す言葉と言えます。本気の浮気!とは言いませんもんね。

次に軽いのはいくつかあって、それは不倫と婚外恋愛です。この2つに関しては、ほぼ呼び名が違うだけと言えるでしょう。

不倫や婚外恋愛の中にも、セフレに近い関係から恋愛に近い関係までカップルによってその付き合い方は全く違います。ただ一般的には「肉体関係を伴う恋愛」というイメージですね。

そして最後は番外編ですが、プラトニックラブやセカンドパートナーなどの言葉と関係です。プラトニックとは元々純粋なという意味で、既婚者に対して使われるときは肉体関係が伴わない恋愛です。セックスで繋がっているのではない、真面目に恋愛をしているのだ、という感じですね。

一方セカンドパートナーですが、2人目のパートナーというだけあって、離婚しないけど人生を共にしたい2人目の恋人という感じです。どちらも知らないとちょっとエッチな関係を想像してしまうかもしれませんが、既婚恋愛の中で最も堅く真面目な関係と言えます。

求める関係が同じ相手を探すには

このように同じように見えても実は意味が違う、という既婚恋愛に関連した言葉がたくさんあります。ただでさえ男性と女性では同じ既婚者であっても求めている関係が違うことが多く、会ってからアレ?となることも少なくありません。

そんな相違をなくしてお互いに自分が求める人物と出会うには、とことんメールやチャットなどで恋愛観を話しておくことです。今回の出会いに求めることでなくても、俺はこういう恋愛が好きだとか、どういう恋愛をしてきたかといった話をするのです。

そうすることで、わざわざ改まって「今回は不倫を希望しておりまして・・・」なんて言わなくても、この人と会ってお付き合いしたらどうなるのか?を相手に想像させることができます。

相手がこちらの求めているもの、そしてこちらも相手の求めているものが分かれば、会った後すぐに関係が終わったり逆に粘着されたりということも少なくなるでしょう。