可愛くてヤリマンな女子と出会いたい!

女子人気・エッチ成功率NO.1 デジカフェでさがす
恋愛・セフレ何でもアリ! PCMAXでさがす
老舗サイトで安心・確実な出会い ミントC!Jメール≪18禁≫でさがす

メールが短文=SNS好きの目立ちたがり屋

最近の若い子ならたくさんある中の一つや二つくらいはSNSを使っています。でも中には全部使ってるぜ!ってくらいの目立ちたがり屋がいます。アプリを入れてるだけじゃなくて、全てをある程度使いこなしてる子。

インスタ、Facebook、Twitter、LINE・・・など色々ありますが、SNSには共通点があるんですよ。それは「短文」という点。

俺はSNSよりもメールに馴染みがある世代なんですけど、メールって一通に何個もの話題を詰め込んで完成させてから送るんですよ。それに比べるとSNSってめちゃくちゃ短文。だから出会い系なんかでも一回のメールにつき文章が短い子は、最低SNSを日常的に使ってる子と言える。

それに加えて「SNSって何使ってる?」と聞いてみましょうか。そしていくつもの名前が出てきたら、「特に何使ってる?」とも聞いてみようかな。特にインスタとフェイスブックを使ってると返ってきたなら、目立ちたがり屋の気質も十分!

写真投稿系SNSは構ってほしくて自分を演出する子も多いので、美容への興味が強い化粧の上手な美人さんが多いんですよね。

流行りのメイクや洋服に敏感

男ってできれば素が可愛い子が良いけど、彼女じゃなければすっぴんを見る機会なんてないから、メイクした上での美人でも大丈夫ですよね。それくらい許与範囲が広いのが男だから。

もし写メが載せてあったり、メールしているうちに顔写真を見せてもらえたなら、メイクやチラリと映る服装が今流行りのものかチェックしてみましょう。

男だと女性ファッションの流行りとか全然分かんない人も多いと思うけど、そうだな、それこそインスタを見れば女全員同じような顔と服装してますよ。

例えば今だったら、特徴的なのは口紅。唇の中心が濃くて外に向かっていくほどグラデーションで薄くなっていく。唇の輪郭をボヤっとさせて口を小ぶりに見せるのが流行ってる。

特に化粧って、流行をサッと取り入れられる人と、逆に昔から化粧がほとんと変わらない人がいるんですよ。化粧が変わってない人って、男から見ても「今っぽくない」と感じます。

流行に敏感な女子は、いつも自分が可愛くなるための新しいものを探してる。そんな子が出会い系に参加しているなら、少なくともブサイクじゃないはずです。

派手と地味の中間女子を狙う

女性はすぐグループを作りたがります。というか作りたくない、入りたくない子も多いのですが、自然とできてしまってどこかに所属しないと一人ぼっちになってしまうんですよね。

女性のグループというのは大体3種類に分かれます。派手グループ、平凡グループ、地味グループです。この中で厄介なのが、平凡グループ。平凡グループは派手グループに近い子もいれば、地味グループに近い子もいて、色々なレベルの子が混ざっています。

どちらかに近ければそっち側の立場で過ごすことができるんですが、どちらにも近くない本当に中間にいる女子は孤立しやすいです。派手やワルにもなりきれず、地味にも振り切れず。

そんな女性社会の中で居場所がない女子は、オシャレで清潔感があって可愛いけど、自己肯定感が薄く自信がありません。褒めても彼女たちの脳には届かず、やたらと自虐的な発言をしますがそれは謙遜ではなく本音です。

このタイプはメールのやりとりでも分かりますが、一度会ってお茶や食事をすると一発で分かります。こういった子は何度も真面目な表情で褒めているとやがて信じ切ってくれるので、根気でゴリ押しが有効です。

交際が続かないダメんず女子

これは、簡単に付き合いに発展するけど長続きしない女、ってことですね。簡単に付き合いが始まるってことは、よほどの恋愛テクを持ったブサ女でない限り、それなりに可愛いってことです。

可愛いからすぐ付き合えるけど、相手の男を見る目はない。別れてフリーになっている間の寂しさに耐えられず、また男漁りを始める・・・みたいな感じですね。ヤリマンはセックス大好き女よりも、寂しがり屋女が圧倒的に多いです。

交際期間は短いけど色んな男と経験をして、無駄に、いや本当に無駄に男慣れしています。男を見る目は養われず、男を釣る技術だけが上達していく。モテる女とヤリマンは紙一重ですが、男からすればどちらもただのヤリマンです。

プロフィールやメールの中で「私続かないんだよね」とか「最近別れました」のような文言を見たら、寂しさを埋めるために簡単に会ってくれる女だと思って良いと思います。

とはいえ色んな男を見てはきてるので、明らかに身体目当てで近づいてくる男くらいは見抜けます。油断せず、親身になって愚痴や話を聞いて寄り添ってあげるフリをしましょうね。