エッチな女の子と知り合いたい!

欲求不満は男だけじゃない

renkikon

ネットやAVでよくエッチな人妻だとか、奉仕する熟女だとかそんなあからさまなワード(ジャンル?)があるけれども、興味はあっても「そんな人妻いるかよ~」くらいの感じですよね。だけど、それが実はあながちウソではないとしたらどうでしょう。

女性は性・セックスに対して堅いというイメージがありますが、それはエッチなことが嫌いとか遊びたくないというわけではなくて、単純に「ヤリ捨て」「割り切り」など道具扱いされるのが嫌だからなんです。

でも、人妻や熟女って当然既婚者ですが、既婚者だからこそ旦那と上手くいかなくなったり、刺激が足りなくなったときに発散する場所がすごく限られています。そして、バレないように出会い系に参加してくるというわけです。

だけど明らかに既婚者が多いとうたっているようなサイトは、ヤリ捨てされる不安があります。だからここで女性が選ぶのが「恋愛系サイト」なんですね。

別にがっつり恋愛したいわけではないけれども、並くらいにはお話もしたいし笑って過ごしたい。女性にとっての欲求不満とは、心と体の両方の不足感のことを指すのです。 記事の続きをよむ⇒

メールの返信が早い子はすぐヤレる!

sokuyari

エッチができる女の子というのは、メールの段階から男をそういう目で見ている可能性が高いです。もちろん会ってから実際にエッチできる相手かどうか判断しますが、極端にダメな男でなければエッチしてもいいかな~ホテル行ってもいいかな~と思っているので壁がとても低いんです。

メールでそういう女の子を見つけることができれば、誘って断られる確率も低くなります。その判断の目安は、自分に興味を持っている女の子がどうかを知ることができれば一発。要するに、メールの返信が早い子はすぐヤレる確率が高いということなのです。

人間、面倒なメールやどうでもいいメールには返信が遅れますが、好きな相手からのメールはどんな内容でもすぐ見てすぐ返信したくなります。元々返信が早い子もいるので絶対とは言えませんが、多くの女性は「興味があるから返信が早い」のでそれを頭に入れながら女の子探ししてみるといいでしょう。 記事の続きをよむ⇒

趣味話は女の子との距離が一気に縮まる!

syumi

趣味ってただの娯楽・ストレス発散だと思っていませんか?確かに自分が好きなことを好きなようにしているのが趣味だし、趣味を聞いたり聞かれたりするのも一種の挨拶というか社交辞令だろう思っている男子も多いと思います。

でもなぜみんな趣味を聞きたがるんだ?!と考えてみれば、知らない者同士の貴重な話のネタになるからです。全く違う趣味同士でも、相手に教えてもらえば新しい世界が発見できるし、同じ趣味や似た趣味だったらもっと盛り上がれる。

趣味の話で相手が落ち込んだり嫌われたりすることってほぼゼロにちかいから、ローリスクで相手と仲良くなれるんですよね。 記事の続きをよむ⇒

自称サバサバ女子は尻軽女です

sabasaba

サバサバ女子、という言葉自体はとてもいい意味です。男勝りで表裏がなく健康的。男性からも女性からも憧れられるようなそんな女性のことを指します。

しかしここでいうサバサバ女子は、自称サバサバ女子。自称サバサバ女子とは、男勝りで裏表が無い自分格好いい(と自分で思い込んでいる)女性を指します。実際は明るく思われたい、構って欲しいという気持ちがムンムンのネットリ系女子なのですが・・・。

自称サバサバ女子はとにかく男と対等な立場で話そうとします。下ネタも頑張ってついていきます。だけど男には女として見られなくなり、結果として孤独感が増える。それを本人は気づかず、もっと構ってもらおうと無理にサバサバする。

サバサバが最終章までいくと、「あたしはどんな男ともヤレちゃう女」というところまできます。

悲しいといえば悲しいですが、本人はそれが苦痛なのではなく良いことだと思ってやっているので、男としてはそれを利用させてもらいましょう。 記事の続きをよむ⇒

Twitterは出会いの宝庫!

twitter

FacebookやLINEリア充の集まりで、結局リアルで友達が多かったりコミュニケーション能力が高くないと無理じゃん!なのですが、Twitterはどちらかというと趣味に特化した繋がりなどが多く、普段言えないディープなことまで呟いたり語り合ったりすることができます。

FacebookやLINEは本名や友達繋がりなので、すでに周りに自分というキャラクターを知られていて変な発言はできません。一方でTwitterは匿名で登録している人が圧倒的に多く、自分が好きなものを好きなように発信することができます。

趣味や好きなもので共通点がある男女は、何もない男女よりもすぐに仲良くなれる傾向があります。

いきなり男から「可愛いですね~良かったら話しませんか」なんて言われたら「こいつ会いたいだけだな」と思われますが、「僕もこの映画好きなんですが、良かったら話しませんか?」と言われたら趣味が合う仲間の一人として自然に懐に入り込むことができます。 記事の続きをよむ⇒