エッチな女の子と知り合いたい!

Twitterは出会いの宝庫!

twitter

FacebookやLINEリア充の集まりで、結局リアルで友達が多かったりコミュニケーション能力が高くないと無理じゃん!なのですが、Twitterはどちらかというと趣味に特化した繋がりなどが多く、普段言えないディープなことまで呟いたり語り合ったりすることができます。

FacebookやLINEは本名や友達繋がりなので、すでに周りに自分というキャラクターを知られていて変な発言はできません。一方でTwitterは匿名で登録している人が圧倒的に多く、自分が好きなものを好きなように発信することができます。

趣味や好きなもので共通点がある男女は、何もない男女よりもすぐに仲良くなれる傾向があります。

いきなり男から「可愛いですね~良かったら話しませんか」なんて言われたら「こいつ会いたいだけだな」と思われますが、「僕もこの映画好きなんですが、良かったら話しませんか?」と言われたら趣味が合う仲間の一人として自然に懐に入り込むことができます。 記事の続きをよむ⇒

LINEで出会うにはコミュ力が必要

line

みんなが知っての通り、LINEはネットで人とコミュニケーションが取れるSNSの中の一つです。FacebookやTwitterなどでも個別にメッセージを送ったりできますが、掲示板やつぶやきがメインのこの2つと違い、LINEは個人やグループ内での連絡用として使われることがほとんどです。

FacebookやTwitterは繋がっていない人のつぶやきを見ることもできますが、LINEはお互いが認証し合わないと繋がれないというのが特徴です。要するに元々知っている人と繋がるか、もしくは初めての人でも元々友達が多く、友達の友達などの繋がりが望める”リア充”である必要があります。

LINEで出会える出会えないという話を一度は聞いたことがあるかもしれませんが、出会えている人は色々な女性へ怪しまれないように楽しませるテクニックや、自然とデートやお持ち帰りにこぎつけられるような魅力を持っています。

なので単純に「LINEなら無料で人も多いから、友達がいない俺でも出会えるだろう」なんて思っている人だと本当に難しいです。反対に、元々出会いがある人が、夜遊びするなら後腐れないほうがいいだろうと相手を探す分にはもってこいだと思います。 記事の続きをよむ⇒

Facebook専用の出会いアプリがある?

face

FacebookはSNSのうちの一つですが、自分の個人情報を書き込むという、人生プロフィールような斬新なツールです。今まで2chをはじめ交流掲示板は色々ありましたが、その大半がハンドルネームや仮名を使ったもの。

わざわざ自分の本名や出身地、出身校を晒すなんて・・・!とたくさんの日本人がネット界の黒船に驚きましたが、結局は若者を中心とした多くの男女に使われるようになりました。

それはさておき、FacebookにはFacebookのログイン情報で使える出会いアプリというものがあります。その名は「pairs(ペアーズ)」。いちいち新規登録して覚えていられないIDとPASSを取って・・・という面倒臭さがなく、Facebookを使っている人なら全員登録無料です。

一般的な出会い系サイトも、ワイワイシーやワクワクメール、ハッピーメールなどの超大手サイトなら会員数も膨大で安心ですが、それ以外でちょっとマイナーになってくるととたんに会員数が下がり出会いのチャンスも減ります。

その点でFacebook経由なら会員数も多く、何より女性からの信頼感がダントツ。一度使ってみることを強くおすすめしたいアプリです。 記事の続きをよむ⇒

出会い系はやっぱり強い・・・!

deaituyoi

FacebookにTwitterにLINE。いわゆるSNSですが、あなたはどれを使っていますか?というか使っていますか?

最近は一人一台スマホをもつ時代になり、無料で使えるSNSを出会いツールとして使っているような男女(主に男)も見られるようになりました。そのことから「出会い系はオワコンだw」なんて言われていた時期もありました。

しかしそのブームが過ぎ去った今、SNSでは出会えないという現実を突きつけられた男たちが次々と出会い系へ戻ってきているという情報がとても多くなりました。

SNSがもし単なる無料のコミュニケーション道具だったら、もっと出会えたかもしれません。しかしSNSの多くは承認制で、自分が知っている人、もしくは自分が許した人としか繋がることができません。運よく繋がれたとしても、よほど上手く長い目でコミュニケーションをとっていかないと、怪しまれて終わりです。

そして最大のデメリットは「相手の多くが出会いを望んでいない」ということ。リア友だけとの繋がりやネット上だけでの繋がりが多いので、もし話せたとしてもネット上の友達で終わる可能性が高いのです。

その点で、出会い系は最初から出会いたい人用のツールですし、女性のほうも出会いを望んでいるので誘うのがカンタンです。 記事の続きをよむ⇒

コミュ障だと思うことが出会いを遠ざける

comsho

コミュ障、と聞いて自分のことだ!と思う人は本当に多いと思います。自分が話すことで嫌な思いをした経験とか自分に自信がなかったりとか、気にしなければ良いんでしょうけどそれができればコミュ障になってない訳で・・・。

コミュ障男子にとって一番ハードルが高いのが「初対面の女の子と二人きりにされる」ことなんじゃないかなと思うんです。もし何百人と人がいる中でその女の子と軽く挨拶するだけならどうでしょう、あんまり緊張しないですよね。

要は、女の子と知り合うという一言だけで「自分がリードしなきゃいけない」「会話を途切れさせたらいけない」とたくさんの重圧を”想像で”背負ってしまっているんです。コミュ障だと思えば思うほど自分には無理!と投げてしまう。

あ、だからって性格や考え方を変えろ、なんて言いませんよ。コミュ障は表現が苦手だけど、決して悪いことではないんですから。だからそんな自分に合った女の子との知り合い方、デートの仕方を考えれば良いんです。 記事の続きをよむ⇒